×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



ファイナルファンタジーシリーズ リンク集

ファイナルファンタジーシリーズ(FINAL FANTASY series、略称:FFシリーズ)は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)が開発するテレビゲームのシリーズ作品である。ジャンルはRPG。CGアニメ、アニメでも展開されている。

ファイナルファンタジーシリーズは1987年に発売された『ファイナルファンタジー』を第1作とする日本製のRPGシリーズである。派生作品を含め様々な世界観を持った作品が数多く発売されており、シリーズ全タイトルの世界累計出荷本数は9200万本[1](2009年現在)を数える。 名称・略称について [編集] ファイナルファンタジーシリーズの「ファイナル」は、第1作『ファイナルファンタジー』制作当時、それまでのスクウェアの業績が芳しくなく、制作者たちの間でもおそらく最後の作品になるであろうという意味を含めて付けられた名称である[2]。しかしその予想に反してヒットし、『ファイナルファンタジー』は同社の看板作品となった。その後はファイナルには「究極」という意味も持たせている[要出典]。 「ファイナルファンタジー」の略称は主に「FF」(エフエフ)もしくは「ファイファン」である[3]。地域によっては「ファイナル」などと呼ばれるケースもあるようだ[要出典]。このように本シリーズの略称については現在でもユーザー間で必ずしも統一されてはおらず、しばしば論争の種となっている[3]。 初代『ファイナルファンタジー』にも携わったゲームクリエイターの河津秋敏によれば、『ファイナルファンタジー』というタイトルはもともと「FF」(エフエフ)という略称を想定して名づけられたもの、とのことである[4]。実際に雑誌や攻略本などの出版物でも、スクウェア(当時)が監修を行ったものに関しては当初から「FF」ないし「F.F」が統一表記となっている。ただし、表記はともかく発音については長い間不明瞭[5]だったこともあり、前述のように多様な略称がユーザー間で使用されていた。とくに、1980年代後半〜1990年代初頭においては、「FF」はファイナルファンタジーシリーズだけではなく、カプコンから発売された『ファイナルファイト』シリーズを指すことも多く、これと区別する為に「ファイファン」と呼ばれたという背景がある[要出典]。 日本のゲーム市場における立場 [編集] 日本のゲーム市場においては、ドラゴンクエストシリーズと並び、きわめて大きな影響力を持つシリーズである。FFシリーズが直接的に市場に与えた影響としては、日本における据え置き型テレビゲームの機種の世代交代の牽引が挙げられる。 これまでFFシリーズでは、当時の「次世代ハード」にプラットフォームを移して初の登場となる『ファイナルファンタジーIV』(スーパーファミコン)、『ファイナルファンタジーVII』(プレイステーション)、『ファイナルファンタジーX』(プレイステーション2)が発売されると同時に、それぞれのハードが爆発的な普及をするという、言わば起爆剤のような役割を果たしていた。その後、各社がこれに追随しソフト市場全体が活性化する、という流れの繰り返しを見せている。特に1996年の「『FFVII』をプレイステーションで開発する」というスクウェアの発表は、当時3社(ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレイステーション、セガのセガサターン、任天堂のNINTENDO64)がいずれも突破口を見出せず拮抗していたゲーム市場において、プレイステーションを当時の据え置き型ハード市場の勝利者とする大きなきっかけになった。一方でスクウェアと任天堂との確執を呼び、スクウェアは任天堂ハードからの撤退を余儀なくされ、2003年にエニックスと合併するまでの7年間、任天堂ハードでのニュータイトルリリースはなかった。以降の経緯については#販売についてを参照。 また、ゲーム内での表現において、常に革新的な技術を導入することでゲーム業界全体に与えた影響も大きい。PS版『FFVII』からはゲーム内にムービーが導入され、以降の各作品は発売当時の映像制作技術としてはいずれも最先端の技術を誇っており、その映像表現は多くのユーザーや他社の開発者を驚かせた。このことによって、大容量や高画質を前面に出して売りにするという据え置き型ゲーム機第5世代の方向性の一つを決定付けることとなった。シリーズのブランド力とともに映像に圧倒的なインパクトを誇る広告能力の高さから、ファイナルファンタジーシリーズはゲーム市場全体のライトユーザーへの大きな訴求力を持っていると言える。 ただし、同時にファイナルファンタジーシリーズは「発売時期において最大規模の大作」であることが前提とされるようになり、開発費の高騰などを招くという自身に対しての負の側面も生み出している。詳しくは#シリーズ作品の特徴を参照。 音楽面においても、第1作から作曲を担当していた植松伸夫の存在はゲーム音楽界で非常に大きいウエイトを占めており、2005年には米国のTime紙において「現代音楽における革新者のひとり」として紹介されている。ただし、下記のように近年の作品において同氏は関わる機会が減りつつある。 ドラゴンクエストシリーズでは社会問題を考え発売日が土曜日に設定されているがファイナルファンタジーシリーズでは特別そのような配慮はされていない。 ドラゴンクエストとの関係 [編集] 家庭用ゲーム機向けRPGとして先に人気を博したのは登場の早かった『ドラゴンクエスト』である。同シリーズは日本では初めての家庭用ゲーム機向けRPG作品であり、そのインパクトと影響は大きく、ファイナルファンタジーシリーズの生みの親の一人である坂口博信はそのビジネス的成功を見て、「ファミコンでもRPGが作れると気づいた」と語っている。また石井浩一も坂口が「ドラクエのようなRPGを作りたかった」と話していた、と述べている[6]。『ドラゴンクエスト』に遅れをとる形になったファイナルファンタジーシリーズの第1作は「ドラクエの亜種」と評価されることもあり、評価が固まらなかった。しかしその後、両シリーズは「競争」しながら独自の路線を確立していくことになり、両者は「2大RPG」と呼ばれるまでに成長する[7]。 本シリーズの日本におけるソフト累計販売本数は、『FFVII』と『FFVIII』においてトリプルミリオンを続けて記録していたが、『FFIX』以降は作品によっては販売本数を減らしている。(ただし、『FFIX』ではソフト発売前に情報規制があり、雑誌等での宣伝機会を失ったために前2作ほど売れなかった、という見方もある。詳しくは『FFIX』の項目を参照。)これに対し、ドラゴンクエストシリーズは『DQVII』で400万本の大台をたたき出した後も、『DQVIII』でトリプルミリオン、『DQIX』ではシリーズ最高の415万本を達成している。(ただし、DQの「一番売れているハードで売る」というコンセプトに対し、FFは「FFで新しいハードの普及率を伸ばす」というコンセプトとなっているほか、発売周期もDQよりも短いため、単純に比較することはできない)。 なお、世界市場での出荷本数ではファイナルファンタジーシリーズの方が大幅に上回っており、世界的な市場別での販売本数を見た場合は、タイトル(開発チーム)によって売り上げが大きく異なる傾向も見られる(例として、日本国内ではシリーズ内で売れた部類に入る『FFIX』の販売本数が、北米では『FFX- 2』よりも下である)。 2003年4月1日、ファイナルファンタジーシリーズの発売元であるスクウェアとドラゴンクエストシリーズの発売元であるエニックスが合併。2004年12月に発売された『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial』では両シリーズのキャラクターが共演し、2社合併の象徴ともいえる存在となった。 このような歩み寄りは見られるものの、それぞれのシリーズの独立性は失われることなく保たれている。2009年12月下旬現在において、ドラゴンクエストシリーズの最新作となる『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』がニンテンドーDSで発売された一方で、ファイナルファンタジーシリーズは『ファイナルファンタジーXIII』がプレイステーション3で発売されており、両者の明確な路線の違いを見て取ることができる。 販売について [編集] 第1作『FFI』から第6作『FFVI』までは、一貫して任天堂の据え置きゲーム機(ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン)向けにソフトが開発・販売されていた。しかし『FFVII』以降は、2009年現在に発表されている最新作『FFXIII』も含めて、ソニー・コンピュータエンタテインメントのゲーム機であるプレイステーションシリーズ向けソフトとして開発・販売されている。 『FFVII』をプレイステーションで開発したことをきっかけに、それまでハードウェアを供給し続けてきた任天堂とスクウェアは険悪な関係となった。これは、大容量のメディアを採用したハードを求めていたスクウェアの開発姿勢と任天堂の方針が大きく食い違っていた事が原因であった、と後のインタビューでは語られている(そのためスーパーファミコンの末期のスクウェアタイトルは、ソフトの発売スケジュールが全て繰り上げられた)。詳細はスクウェア・エニックス#任天堂との関係を参照のこと。 これ以後、長らくスクウェアは任天堂のハードでFFシリーズを開発することはなかった。その中で、携帯ゲーム機市場においてスクウェアは大きな苦戦を強いられることとなる。2000年以降、スクウェアはFFシリーズのスピンオフ作品である『はたらくチョコボ』を皮切りにバンダイの携帯ゲーム機であるワンダースワンに参入し、その後FFシリーズ初のリメイク作品をリリース。しかし、携帯ゲーム機市場における任天堂のゲームボーイシリーズの圧倒的優位は揺るぐことがなく、ワンダースワン自体が短命ハードとして市場から姿を消していった。 だが、映画事業の失敗に伴い、代表取締役社長が和田洋一に交代、方針転換してからは関係が改善し、ゲームボーイアドバンス用ソフトとして外伝的作品『ファイナルファンタジータクティクスアドバンス』や『チョコボランド』などがリリースされる。その後、スクウェアとエニックスの合併を経て、ゲームキューブ用ソフト『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』が発売。任天堂ハードでの新作FFとしてシリーズ化され、現在に至っている。 また、2004年からはナンバリングタイトルの移植・リメイク作品が任天堂の携帯ゲーム機向けに発売されるようになった。同年7月には『FFI・IIアドバンス』を発売。2005年10月には『FFIV アドバンス』のゲームボーイアドバンスでの発売を発表すると共に "Finest FANTASY for ADVANCE" というキャッチフレーズで「携帯機完全移植計画」を開始。ゲームボーイアドバンス向けには2006年10月に『FFV』、同年11月に『FFVI』の移植版が、ニンテンドーDSには2006年8月に『FFIII』が、2007年12月『FFIV』のリメイク版が発売された。 なお、ナンバリングタイトルのうち、MMORPGである『FFXI』はPS2、Winの他にXbox360版も後にリリースされているほか、携帯電話用アプリとして『FFI』『FFII』『FFIV』の移植版や、『FFIV』の続編などがリリースされている。その他、現在までの傾向として、1つのハードでナンバリングタイトル(オリジナル版)は最大3作までリリースされている。

シリーズ作品の中では共通の世界観として、あらゆる力の源である「クリスタル」を中心とする世界が描かれる事が多い。「クリスタル」にあたる位置に『FFVI』の「魔石」や『FFVII』の「マテリア」などがあてられる場合もあるが、その基本的な役割に大きな変更はない。ただ、『FFVI』以降に発売された作品では「クリスタルを中心とした世界」の枠にとらわれず、作品ごとに多彩な世界が描かれる傾向にある。 ドラゴンクエストシリーズなどとは異なりナンバリングタイトル同士の直接的な物語のつながりはなく、聖剣伝説・FFTなどの外伝も続編として作られたものではない。『FFI』‐『FFIII』‐『FFV』間や、『FFII』‐『FFIV』間、『FFVII』‐『FFX』間、『FFIII』‐『FFXI』間のように間接的なつながりを暗示するものもあるが、これらにおいても、あくまで古い作品のストーリーは新しいものの中で伝説・逸話として語られるにとどまっている。 ただし一部の人物名、キーワード、デザインの中には、シリーズ共通のものもあり、シド(人名)、飛空艇、チョコボ、ビッグス&ウェッジ、ギルガメッシュ、ポーション、ギル(通貨単位)などは代表的な例である。シドは老人であったりヒゲオヤジであったり青年であったりと、作品ごとに容貌、役回りは異なるものの飛空艇発明家として登場することが多い。ほか、ほぼ全作品にバハムートと呼ばれる屈強な竜が登場するが、本来竜ではないこの神話的幻獣を、日本で竜のイメージとして定着させたのはこの作品によるところが大きい。 近年では『FFX』と『FFX-2』のように、同じ世界を使用した続編を製作する流れがあり、"COMPILATION of FINAL FANTASY VII"や「イヴァリースアライアンス」"FABULA NOVA CRYSTALLIS FINAL FANTASY XIII"と共通の世界観を持つ作品群を複数発表している。『FFXII』と「イヴァリースアライアンス」のひとつである『FFXII RW』は、主人公を同じとする続編として登場した。 ハード環境の進展に応じて、ATB(アクティブタイムバトル)やアビリティシステムなど、常に新たなシステムを試みている。これは小改良のみで基本的なシステムの変更が無いドラゴンクエストシリーズなどとは異なる特徴である。また、美麗かつ大規模なグラフィック、映画のようなストーリー演出と、徐々に広がる世界のスケールの壮大さも本シリーズの魅力である。積極的にムービーやボイスを利用する演出も他の大作RPGシリーズとは異なる。しかし一方で、プレイヤーのストーリー進行の自由度が失われているという閉鎖的な見方もある。 また、近作は新規ユーザー(主に女性や、ゲーム初心者などのライトユーザー)を獲得するためか、難易度が従来のシリーズに比べて低下する傾向が見られる。ただしこれには例外もあり、一例としてはFF屈指の高難度に設定されていた『FFXI』やDS版『FFIV』や『FFXIII』が挙げられる。 一般的なゲーム制作はゲームエンジンありきで行われることが多いが、FFシリーズはそれぞれの作品に応じて新規にゲームエンジンを作るスタイルを採用している。SFC版の『FFIV』以降は全て異なるゲームエンジンを使ってゲームを制作してきた。しかし、この方式では1作品ごとに新しいゲームエンジンを作ることになり開発費の高騰につながるため、ゲームエンジンをシリーズ内において共通化することが今後の課題となっていた。2007年にFFシリーズのための開発ツールとして「Crystal Tools」(クリスタルツールズ)が開発され、『FFXIII』『FFVSXIII』『FFXIV』で使用されている。 『チョコボの不思議なダンジョン』や『チョコボスタリオン』など、FFシリーズならではの“世界観”と他会社のソフトの“既存のシステム”を応用して製作される外伝作品も多い。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 ファイナルファンタジーシリーズ リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4